鍼灸師になるためには専門学校が必須!その期間と内容は?

治療用の鍼

早く鍼灸師になりたいなら専門学校で学びませんか

2本の鍼

鍼灸師は、細い鍼や灸を使ってツボを刺激して肩こりや神経痛の症状を緩和したり治療する仕事です。その鍼灸師になるためには、「はり師」と「きゅう師」2つの国家試験に合格する必要があります。国家試験を受験するには、3年制または4年制の養成学校を卒業することが条件の1つになっているので、独学やほかの鍼灸師から直接学んでも受験資格は得られません。そこで、鍼灸学校に通う必要があるのですが、鍼灸学校には大学と専門学校があります。大学と専門学校どちらにしようか迷うなら、鍼灸専門学校で学んではみませんか。鍼灸専門学校で学ぶメリット、それは3年で受験資格を得ることができるところです。大学の場合は4年かかりますが、専門学校は最短3年で卒業することができます。1年でも早く鍼灸師になることで、実践的な経験もたくさん学ぶことができます。また、大学と専門学校では学費も変わってきます。費用もかからず、最短で学ぶことができるのが鍼灸専門学校の良いところです。さらに、働きながら学べるというメリットもあります。鍼灸専門学校のなかには、夜間部があるところもあります。鍼灸とはまったく違う仕事をしながらでも、1から学ぶことができます。鍼灸師は、自ら治療院を開くだけでなくスポーツトレーナーとしてや介護施設でなど、さまざまな働き方ができる仕事です。鍼灸専門学校で学んで、鍼灸師として活躍してみませんか。